「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)プログラム」は、当社社員が草の根レベルから始めたイニシアチブです。代表取締役会長兼共同CEOの佐谷戸淳一、およびコーポレート・サステナビリティ部長兼プロダクト&マーケティング共同グローバルヘッドのステファニー・ドゥルーズが推進を支援しています。

社内の意識を高め、あるべき行動を促していくには、D&Iに関する教育や啓蒙活動が重要であり、日々の業務において多様性が尊重される職場環境をつくることが不可欠です。当社では現在、各拠点でワーキンググループを立ち上げ、そうした活動を展開しています。

佐谷戸 淳一
代表取締役会長 兼 共同CEO
ステファニー・ドゥルーズ
常務執行役員
コーポレート・サステナビリティ部長

ウィメンズ・グループ


日興アセットでは、働く女性の活躍支援体制の強化を目指して活動しています。オルタナティブ運用部長の石川康とマーケティング部の小阪理香がリーダーとなって、社員向け研修・エンパワーメントセミナー、社外講師を招いての講演など様々な取り組みを企画・運営しています。当社社員が、職場や家庭における女性特有の問題を理解できるよう、様々な経歴を持つ外部講師を招聘しています。

ウィメンズ・グループが草の根レベルでの活動に注力する一方、女性社員の就業環境をさらに向上させるために経営陣主導のトップダウンのイニシアチブにも取り組んでいます。当社は、日本国内の資産運用会社として初めて*国連の「女性のエンパワーメント原則」に署名しました。これらの原則は、当社の女性に関連する様々な方針を策定する際の基本的理念となっています。


石川 康
オルタナティブ運用部長

ウィメンズ・グループ
リード

小阪 理香
マーケティング部

ウィメンズ・グループ
リード

*日興アセットマネジメント調べ。

LGBTワーキング・グループ


日興アセットは、日本でLGBTの支援に取り組む金融関連企業によって設立された支援団体「LGBTファイナンス」のメンバーです。当社では、LGBT問題に対する意識や理解を向上させ、LGBTの人々を取り巻く状況を改善するために社内外の変化を促すことを目指して活動しています。グローバルテクノロジー本部長の赤尾幸俊をリーダーとし、自らLGBTであることをオープンにしているマーケティング部のニール・ピーターソンがサポート役を務め、年数回にわたってLGBTに関する方針やLGBT向けのビジネスを実践している企業からゲストスピーカーを招くセミナーを主催しています。また、同ワーキンググループでは、東京レインボープライドやレインボー・リール東京(毎年開催されるLGBT映画祭)などの外部イベントにも参加しています。

これらの活動を通して、周りのコミュニティから学び、LGBTの人々のニーズに応えられるよう取り組んでいきます。


赤尾 幸俊
グローバルテクノロジー
本部長

LGBTワーキング・グループ リード

ニール・ピーターソン
マーケティング部

LGBTワーキング・グループ リード

障がい者ワーキング・グループ


障がい者ワーキンググループは、身体的または精神的に他の人と異なる対応が必要な社員のニーズを認識し、ひいては全ての社員にとっての職場環境を向上させることを目指して活動しています。様々な障がいを持つ社員もメンバーとして参加し、毎月のミーティングを通じて、当社内での明確な変化へとつながる取り組みを進めています。


河野 大介
機関投資家マテリアル・
RFP部 グローバルヘッド

障がい者ワーキング・
グループ リード

山口隆久
マーケティング部

障がい者ワーキング・
グループ リード