グローバル株式


グローバル株式運用チームの哲学

グローバル株式チームの運用哲学は、市場で最大の投資リターンを達成かつ維持できる目的重視型の「フューチャー・クオリティ」銘柄に焦点を当てるというものです。当チームは、環境・社会課題に対する解決策を打ち出し、全てのステークホルダーに価値を提供できる企業こそ、将来高収益企業になると考えています。

社会が直面する課題の解決には、民間セクターの多大な貢献が不可欠です。そのため、社会が直面する課題を解決しつつ、全てのステークホルダーに適正な価値を提供する企業に対し、市場は資本を投じる傾向がますます強まると考えています。

グローバル株式運用チームのアプローチ

企業にとっての利益とは人間にとっての赤血球のようなものです。人間は生きるために赤血球を必要としますが、赤血球を作ることが人間の生きる目的ではありません。これと同じことがビジネスにも当てはまります。企業にとって利益を上げることは必要ですが、ビジネスの目的は単に利益の創出にとどまりません。優れた企業はその重要性を理解し、ステークホルダーに常に価値を提供します。

投資家は、企業に変化をもたらすためのエンゲージメントを行いながら、企業行動とガバナンスを一貫してモニターできる方法を策定することは必須です。しかし、長期的な投資家となるには、適切に行動できるだけの企業でなく、かつてないほど重大な社会・経済課題が存在する今日、これらの課題に積極的に解決策を提供できる企業に焦点を当てなくてはなりません。こうしたことを持続的に行うためには、投資収益を伴う必要があると考えます。そして、それを実現できる企業こそ、未来の成功企業になるものと確信しています。全てのステークホルダーに対して価値を創造する目的重視型の企業は、より高いリターンを達成かつ維持し、「フューチャー・クオリティ」投資対象となるでしょう。

当チームは、「フューチャー・クオリティ」企業の発掘にあたって、高収益企業をリサーチし、投資します。現在、世界は多くの深刻な問題に直面しており、問題を起こすのではなく、解決策の一翼を担う企業の数が増加の一途をたどっていることを実感しています。そうした企業は、未来の投資リターン、そして我々の子孫の幸福度にとって非常に重要です。

ESGデータによる情報は、企業がESG問題にどのように対処し、どのような姿勢を示しているのか垣間見ることはできますが、それらは限定的であり、不完全な断面図に過ぎません。今日の重大な環境・社会課題への解決策を備え、目的重視型の「フューチャー・クオリティ」企業に焦点を当てたポートフォリオは、真に持続可能なアプローチを明確に表した特徴をもつことになるでしょう。

目的重視型のフューチャー・クオリティ