グローバル債券


グローバル債券運用チームの哲学

グローバル債券運用チームは、投資アイデアを創造し、確信度が高いポートフォリオを構築するために、定量的・定性的分析結果を取り入れた一貫した投資プロセスを用いることで、リスクに見合ったリターンを獲得することができると考えています。債券投資家は、発行体とエンゲージメント関係を築き、リスクを特定し、変化を促すことができます。当社は自らを出資者と位置づけ、国連の持続可能な開発目標(SDGs)達成に必要な資金を投じる努力を続けています。そして、持続可能な開発に資する投資に役立つ資金確保のため、資本市場全体にわたって革新的な商品及び戦略的パートナーシップを創出することも、受託者責任だと考えています。

グローバル債券運用チームのアプローチ

ESGは当チームの全ての戦略にわたり考慮されており、運用プロセスではスクリーニングとリサーチおよびポートフォリオの構築の各段階でESG要素を検討対象としています。ESGが検討される程度とその方法は、それぞれの戦略特性によって異なります。

例えば、当チームの主力のグリーンボンドの戦略は、世界銀行や欧州投資銀行、アジア開発銀行など、持続可能性に関して最も実績を有する世界中の国や国際機関が発行しているAAA格のグリーンボンドに限定して投資します。

もう1つの例として、当チームが投資プロセスにおいて、どのようにESG要素を組み入れているかが挙げられます。経験豊富なアナリストの大半は、クレジット投資での長年の経験に基づいて作成したコーポレートガバナンスのベストプラクティスのリストを利用します。これに対し、企業の環境面や社会面についての意見を形成するのは、そう簡単ではありません。コーポレートガバナンスでは、企業の業績に直接影響を与える一般的な経営の質を評価するのが一般的です。一方、環境と社会の観点では、特定の業界や地域におけるリスクや機会を捉えることが目的です。社会や環境要因がパフォーマンスへ与える影響はわずかで、間接的かつ長期的であることもあります。しかし、倫理的・社会的価値観を重視する機関投資家は増加しており、当チームはそうした価値観にも確実に合致する投資を行うことを心掛けています。特に欧州の投資家は、パフォーマンスの目標に加えて、ポートフォリオに倫理的・社会的価値観を反映させることを求めます。ESG要素がクレジット分析に組み込まれるための鍵となるのが、有能かつ経験豊富なクレジットアナリストのチームであることに変わりありません。さらに当チームの分析では、第三者機関によるESGリサーチも活用しており、追加調査が必要な可能性のある問題を特定するスクリーニングに利用しています。

ESG要素を段階的に組み入れる投資プロセス